読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cafe dé nanntoka

1に酒、2に音楽、3にアニメ、3、4がなくてあと余談

最高にロック。というの間違ってるんじゃ?という声に反論してみる。

twitter SNS 社会

「彼氏と付き合いつつ次の男を見つけ次第乗り換えて別れる女」を軽い女だと叩く世間の風潮に対して女友達が… - ツイナビ | ツイッター(Twitter)ガイド

より。

「彼氏と付き合いつつ次の男を見つけ次第乗り換えて別れる女」を軽い女だと叩く世間の風潮に対して女友達が言った、「転職先の目処も立てずに仕事辞めるほど無計画じゃねえんだよ」ってセリフ、最高にロックだ。

 

そういえば、このツイートがバズってたとき、死ぬほど

「いや、めっちゃ計画的じゃん!ロックじゃないじゃん!」

という声が上がりまくってたなと思いだした。ロックミュージックが生まれた過程において、そのディストーションサウンドや大音量、既存のポップスやクラシックにとらわれない音楽性などのいわゆるロックンロールからの連想だろう、破天荒なことや反骨精神にあふれたことなどを評して

「最高にロック」

と、いうことが多い。出典は無いが自然発生的に生まれたネットスラングだろう。たしかにこういった声を見てわかるとおり、最高にロックといってる他のネット上の書き込みに比べて計画性に溢れたこの文章、ロックを感じないかもしれない。

 

このロックの破天荒であったり、反骨精神であったりといったイメージは爆発的に広まったのは日本ではウッドストックあたりであろうか。それまででもエレキギターを大音量で鳴らした音楽を大人たちは不良の音楽と位置付けたことも大きい。

その後のウエストウッドなどで「ヒッピー最高!」な人たちが色々とあとからつけを支払ってるような状況を見たり、愛と平和を叫んでるけど世界はなかなか変わらないといった徒労感を見て、なんとなくこういうのはダサいという雰囲気はそれ以降の世代にも広まってきてるのではないか。自分の通っていた学校でも、義務教育でウッドストックのフェスの話題に触れた教師が

「ここに集まってる人たちはろくに働きもしないで麻薬やってるダメなひとたちですよ」

って英語の教科書のウッドストックの部分を指して言ってたのを思い出す。

結局のところ、ロックの持つ革命的エネルギーは忘れ去られロックは形容詞となったわけである。

で、この最高にロックという使い方違うのでは?に反論してみる

最高にロック、という賛辞は風潮とか空気にとらわれず己を貫くことというのでネット上で使われているのは一致している。この書き込みも、軽い女と世間が叩く風潮に反論として言ってるので、OK。さらに男女間の関係はギリギリまで信じるべきということにも反論している。己のために。でも、男女の婚姻関係となると、ちょっと複雑だからね。

ロックの持つ反骨精神、社会運動はみんなの利益のためにという精神があったし、そのために勝ち取るんだという意思があった。こういった活動の収縮を受けて、個人は個人で自分の権利は空気を読まずに勝ち取らなければならないのが、最高にロックなのではないかとこのツイートの件を見て思い出したのであった。